Curl Global Community
リモートデスクトップの同時接続数を増やす - Printable Version

+- Curl Global Community (http://communities.curl.com)
+-- Forum: Blogs (http://communities.curl.com/forumdisplay.php?fid=17)
+--- Forum: Tech blog (http://communities.curl.com/forumdisplay.php?fid=18)
+---- Forum: Baison log (http://communities.curl.com/forumdisplay.php?fid=27)
+---- Thread: リモートデスクトップの同時接続数を増やす (/showthread.php?tid=1196)



リモートデスクトップの同時接続数を増やす - umemura - 01-20-2015

★point
気を使うより、数増やせ


下記サイトを参考にして、リモートデスクトップの同時接続数を増やすことができます。

■1 つの接続で実行可能な同時リモート接続数を構成する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc753380.aspx

これで、他の作業者の顔色を窺わずとも、気軽にサーバにログインできになります。




RE: リモートデスクトップの同時接続数を増やす - umemura - 01-22-2015

同時接続数の設定だけだと、接続ユーザがセッションつなぎっぱなしだと、
他の人が入れなくなってしまうみたい。

特に、リモートデスクトップで接続して、そのあと、「ログオフ」ではなく、
リモートデスクトップの画面を閉じてしまうと、
セッションが残りっぱなしなってしまうので、まずい。

「管理ツール」>「リモートデスクトップ サービス」>「リモートデスクトップセッションホストの構成」で、
対象の接続名の右クリックメニューからプロパティを選択。
プロパティダイアログの「セッション」タブで「ユー設定よりも優先する」をチェックしたうえで、
「切断されたセッションの終了」の時間を指定すると、
ユーザの設定いかんにかかわらず、リモートデスクトップを閉じてさえいれば、
指定時間でセッションが切られ、別のユーザがログインできるようになるようです。




RE: リモートデスクトップの同時接続数を増やす - umemura - 01-22-2015

強制的にセッションを切断するには、
「query session /server:サーバ(IPでも可)」で、セッションID、もしくはセッション名をしらべて、
「logoff」コマンドで指定すればよさそうです。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1226rmtlogoff/rmtlogoff.html


RE: リモートデスクトップの同時接続数を増やす - umemura - 01-22-2015

ちなみに、『ログインしているマシン側』のユーザ名やIPがわかれば、
「msg」コマンド(昔の「net send」みたいなやつ)を使って、
ログオフしてくれるよう、メッセージを送る、ということも考えたのですが、
「query user」コマンドでは、ログインに利用しているユーザ名しかわからないようですし、
そもそも、ある設定をしないと、
「~は存在しないか、切断されています」と表示されてしまい、
メッセージを送れないようですね。

http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/04/06/3323377.aspx