Post Reply 
 
Thread Rating:
  • 0 Votes - 0 Average
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バッチプログラムの勉強
12-25-2014, 02:44 PM (This post was last modified: 12-25-2014 04:50 PM by umemura.)
Post: #1
バッチプログラムの勉強
★point
餅は餅屋。バッチに任せられるものは任せよう。


不要ファイル削除等の日時処理や、メンテナンスのために、
バッチプログラムをいろいろと組む必要が出てきたので、
参考になったサイト等をメモ。

コマンドプロンプトは難しいイメージがありますが、
勉強して使えるようになってくると便利ですね。

■基本的なバッチの書き方
http://d.hatena.ne.jp/language_and_engin...MSDOSorBAT
勉強になりました

■コマンドプロンプトの変数
http://pf-j.sakura.ne.jp/program/dos/dos...ercent.htm
知らないと結構悩む

■環境変数の遅延展開
http://d.hatena.ne.jp/ladybug/20090530/p1
知らないとドツボにはまる

■for文
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0...ws002.html
実行結果の取得とか、単純なループ処理以外に使える、
というか、forを理解しないとバッチは進まない

■タスクスケジューラの管理
http://hisk2tmem.blog61.fc2.com/blog-entry-48.html
最初、相手先を<\\IP>で指定できることに気付かなかった
サーバ間でバッチを呼び出し合うのに利用

■サービスの作成や実行 sc コマンド
http://win-cmd.seesaa.net/article/85809065.html
非常用のサーバを準備する際など、複数のサービスを起動できる

■コマンドラインから Javascript を実行 mshta コマンド
http://d.hatena.ne.jp/language_and_engin...1224678990
なんでもできすぎて危険、かつ魅惑的なコマンド
Find all posts by this user
Quote this message in a reply
01-21-2015, 02:50 PM
Post: #2
RE: バッチプログラムの勉強
■コマンドの実行結果で分岐処理

実行コマンド | FindStr -C:"検索したい文字列">NUL
If ERRORLEVEL 1 ( 文字列が見つからない場合 ) Else ( 文字列が見つかった場合 )

クエリ系のDOSコマンドで、実行した結果をもとにして、分岐処理等をしたい場合、
返却値が説明文(文字列)であることが多いので、
実行結果から、目的の文字列を検索して判断する、という手法になるようです。

for 文を使う方法もあるみたいです。

http://q.hatena.ne.jp/1278059782
Find all posts by this user
Quote this message in a reply
Post Reply 

Forum Jump:


User(s) browsing this thread:
1 Guest(s)