Thread Rating:
  • 305 Vote(s) - 2.81 Average
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
0xFFFF以降の文字表示について
10-31-2011, 06:44 PM,
#1
0xFFFF以降の文字表示について
Curlのエスケープシーケンスでは、0xFFFF以降のUnicode文字を表示することはできないようですが、

これを表示させるにはどのように記述すればよいでしょうか?

先日、行政機関向け文字情報基盤が公開され、IPAmj明朝フォントにて0xFFFF以降の文字を

表示させたい意向です。

上記フォントを{install-font-on-client {url "ipamjm.ttf"}}により設定しているものとします。

参照URL

http://ossipedia.ipa.go.jp/ipamjfont/
Reply
11-02-2011, 12:13 PM, (This post was last modified: 11-02-2011, 12:16 PM by heavybugtracker.)
#2
RE: 0xFFFF以降の文字表示について
ヘルプに載っていると思いますが、 0xFFFF より大きい文字コードの場合、文字(char)としてコードを書く時に、次のように書きます:¥UXXXXXXXX(大文字Uの後ろに、8ケタの数字を書く、8ケタ未満の場合、頭を0埋め)

例:


Code:
{curl 8.0 applet}
{curl-file-attributes character-encoding = "shift-jis"}
{let (font-full-name:String, success?:bool)=
  {install-font-on-client
    {url "ipamjm.ttf"},
    ignore-exceptions? = false
  }
}

{pre
font installation:
  installed font name: [{value font-full-name}]
  install status: {value {if success? then "succeed" else "failed"}}
}
{hrule height=1pt}
SAMPLE TEXT FOLLOWED:

{set-document-properties
    font-family=font-full-name,
    font-size = 30pt
}


Character with code larger than 0xFFFF:
IPAmj明朝でコード|"\U0002A61A"|を表示:
{value '\U0002A61A'}
Reply
11-02-2011, 01:14 PM,
#3
RE: 0xFFFF以降の文字表示について
一応マニュアルを見て\Uの記述をしてみたのですがうまくいかなかったので
なぜ?と思ったのですが8ケタ分0埋めをするというところまでは気づきませんでしたBlush
どうもありがとうございました。

Reply

Forum Jump:


Users browsing this thread:
1 Guest(s)